院長ブログ

2013.01.30更新

1月27日の日曜日の午後、名古屋駅前の安保ホールで日本ローカーボ食研究会の第3回学術集会が開催されました。
医師、栄養士、看護師など、合わせて70名程度の参加者があり、盛会となりました。参加者は回を追うごとに増えており、また低炭水化物の食品を販売する協賛業者の数も増加傾向で、糖質制限(低炭水化物)食に対する関心の高まりを実感しました。 
冒頭で、名古屋大学理学部名誉教授の加藤 潔先生が「生命の進化における炭水化物の意義」というテーマで講演されました。先生は、炭水化物の代謝の過程でできる様々な物質から脂質、蛋白質が作られることを明らかにされ、炭水化物の代謝経路が人間の代謝の根幹を成していることを強調されました。

灰本クリニックの灰本先生は、極端な糖質制限は総死亡、ガンによる死亡、心血管死を増やすので危険であることを改めて強調されました。そのうえで、糖尿病の重症度(すなわちHbA1cの値)によって糖質制限の程度を決定するのが合理的であり、大半の患者さんは、1日1食の炭水化物を抜く程度のマイルドな糖質制限で十分に治療が可能であると述べられました。

私は、肥満のある糖尿病の症例を2例報告しました。1例は糖質制限(ローカーボ)食で順調に体重が減少し、HbA1cも低下した症例、もう1例は十分に糖質制限ができているにもかかわらず、肥満が改善せず、HbA1cはむしろ上昇してしまった症例です。2番目の例は、アルコールの過剰な摂取が治療の妨げとなっていました。極端な糖質制限を推進している人たちは、「蒸留酒ならいくら飲んでも大丈夫」と喧伝していますが、この症例はそれが間違いであることを証明しています。

今回の学術集会では、最近ともすると悪者扱いされがちな炭水化物が、実は生体の代謝の根幹を成す必須の栄養素であることが明らかになりました。一方、炭水化物の過剰摂取は糖尿病・肥満を悪化させることも事実です。今後のローカーボ(糖質制限)食の課題は、炭水化物をやみくもに減らすのではなく、それぞれの患者さんに適切な炭水化物摂取量をいかに設定していくかにあると感じました。 

投稿者: 小早川医院

2013.01.22更新

1月16に愛知県にインフルエンザ警報が出されました。
今週に入ってから、当院でもインフルエンザと診断される方が急増しています。(ほとんどがA型で1人だけがB型でした)

私見ですが、今年のA型インフルエンザの特徴は・・
 ①熱はあまり上がらない(診断時、37度台の方が意外に多い)
 ②発病当初から咳がひどい
 ③症状が比較的軽く「普通の風邪」のような印象を与える患者さんが多い

昨年12月22日の院長ブログでもお知らせしましたが、当院では今シーズンからインフルエンザの早期診断が可能な分析装置を導入しました。この装置は従来のインフルエンザ診断キットの8~16倍もの感度を持っているので、発症直後でも診断できる確率が高くなっています。
実際、37度台前半の微熱と咳という程度の症状で来院された発症間もない方が、この装置でインフルエンザと診断されるケースを数多く経験しています。

軽い症状であっても、インフルエンザかどうかを早く知りたいという方はぜひご相談ください。

投稿者: 小早川医院

2013.01.20更新

花粉は人間の体にとっては異物ですから、それが体内に入ってきたときに一時的にくしゃみが出るのは、異物を排除する当然の反応であり、病的とは言えません。しかし、一日中鼻水が出続けたり鼻詰まりが続いたりする、いわゆる花粉症の症状は、明らかに過剰な反応といえます。花粉症は、花粉という異物に対する免疫反応の調節がうまくいっていない状態であると考えられます。

このような免疫反応を調整して正常化する働きを持つのがビタミンDです。血液中のビタミンDは日光にあたることによっても増加しますが、それが十分にできない方にはサプリメントとして摂取することをお勧めします。
1日2000~4000単位のビタミンDを摂取することで、花粉症がコントロールできることが多いようです。

ビタミンDにはそれ以外にも風邪やインフルエンザの予防効果や、発ガンを防ぐ効果が報告されていますので、健康維持のためには最適なサプリメントといえます。

投稿者: 小早川医院

2013.01.14更新

今年も花粉症の季節が近づいてきました。

昨年の夏は猛暑で、日照時間が長く平均気温も高かったため、名古屋市ではスギとヒノキを合計した花粉の飛散量は昨年の5~6倍程度になる見込みです。本格的な飛散は2月中旬ごろからと予測されていますが、例年花粉症のある方は少し早目(1月下旬)には抗アレルギー薬を飲み始めるのが良いでしょう。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギーの症状が本格的に起きてしまってから薬を飲み始めても症状を抑えきれないことが多いからです。

投稿者: 小早川医院

2013.01.12更新

1月10日、11日のブログでわかっていただいたと思いますが、インフルエンザや風邪を予防するための栄養面での対策は、バランスの良い食事で栄養素をしっかり摂ることに加えて、ビタミンCやビタミンDの多い食べ物を摂ることです。

手軽に食べられる果物であるミカンなどの柑橘類には、ビタミンCとビタミンCの効果を高めるヘスペリジン(ビタミンP)のほか、βカロチンも豊富に含まれています。

ビタミンDは、干しシイタケ、魚介類に多く含まれています。

また、サプリメントという形でこれらのビタミンを摂取することも有効です。ビタミンC,Dともにそれほど高価なサプリメントではないので、これからのシーズンにはお勧めです。
興味のある方はぜひご相談ください。

投稿者: 小早川医院

2013.01.11更新

インフルエンザの予防にビタミンDが有効であることを、東京慈恵会医大の研究チームが2010年3月に報告しています。

実験は、インフルエンザの流行期に、6歳から15歳の子供334人を対象に行われ、半数にビタミンD 30μg 入りカプセルを、残り半数にビタミンDが入っていないカプセルを毎日与えました。
ビタミンD入りグループのインフルエンザ発症率は10.8%で、ビタミンDなしのグループの18.6%の約半分におさまったということです。

冬は紫外線を浴びる量が減り、体内のビタミンDの量が減りますが、これが冬にインフルエンザが流行しやすいことの一因とも考えられています。

投稿者: 小早川医院

2013.01.10更新

年末年始の寒さが厳しかったせいか、風邪の患者さんが多く来院されています。また、3日ほど前からA型インフルエンザの患者さんが1日に数人受診されています。昨年末から関東地方でインフルエンザの流行が始まりましたが、名古屋もそろそろインフルエンザの流行期に入った可能性があります。そこで、インフルエンザ、風邪の予防策を3回に分けてお伝えします。

第1回目はビタミンCについてです。

ビタミンCには、免疫機能を向上させる作用があります。

また、免疫反応の中心となる白血球は、活性酸素の害から自信を守るために、十分なビタミンCを必要とします。
ビタミンCが豊富な白血球は、より多くの異物を処理できると言われています。

ノーベル化学賞を受賞したライナス・ポーリング博士は、風邪を予防するために、毎日1000mgのビタミンCを摂取するように推奨しています。

投稿者: 小早川医院

2013.01.07更新

当院のコンセプトは、生活習慣病の適切な予防・治療を通して老化を予防すること(アンチエイジング)にあります。
昨年は、このコンセプトに沿って糖尿病やメタボリック症候群の食事療法として糖質制限(低炭水化物)食の普及に努め、女性の更年期障害および男性のLOH症候群やED治療、AGAの治療、禁煙治療などにも注力しました。また、サプリメントやプラセンタなどの代替医療も必要に応じて積極的に治療に採り入れました。その結果、かなりの成果を上げることができ、多くの患者さんに喜んでいただけたものと自負しております。

ところで、老化予防(アンチエイジング)とは老化を完全に防ぐという意味ではなく、あくまでも老化のスピードを極力遅らせる医療です。老化は一定の割合で必ず進んでゆくのです。その結果として避けて通れないのが認知症です。

最近、当院に通院されている患者さんの中にも認知症の症状がみられる方が増えています。
認知症はかかったご本人もつらいのですが、それ以上に介護する家族に負担がかかります。その結果として、介護者までが体調を崩したり、うつ病などの心の病にかかってしまうことさえあります。

今年は、老化予防(アンチエイジング)をさらに推進するとともに、老化の結果である認知症の対策にも注力して行きたいと考えております。

今年もまた、当ウェブサイトをご愛読いただきますよう、よろしくお願いいたします。

投稿者: 小早川医院

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ