スタッフブログ

2017.10.14更新

皆さんこんにちは。

今回は数年前から話題になっている

「トランス脂肪酸」についてお話します。

当医院でお世話になっておりますヘルシーパス様のニュースレター

が届きましたので抜粋し、付け加えもして皆さんにお伝えできたらと

思っております

 

まず、トランス脂肪酸とは?

体に悪いイメージですが

成り立ちとしてはこのような感じです。

よく説明の時に掲載される化学式は載せませんgyagyagyagya

 

トランス脂肪酸

 

                                ヘルシーパス様資料より

トランス脂肪酸を多く摂取すると

血中のLDLコレステロールの上昇

HDLコレステロール低下

につながります。

そしてトランス脂肪酸摂取増加による

LDL/HDLの比

(この比率で動脈硬化になりやすさが分かります。比が2以上になると危険、、、)

は飽和脂肪酸摂取の2倍に当たるそうです。

まとめますと、、

トランス脂肪酸摂取は動脈硬化症のリスクが高まるということです!!

ただ、近年では悪評が立ちすぎたせいなのか、、意識が高まってきたのか

トランス脂肪酸摂取は減少傾向にあります。

2003年のWHO勧告では全エネルギーの1%未満に!!

と推奨されています。

例えば、、、

1日の平均摂取エネルギーが1900kclの場合

1日2g未満にというお話になります。

日本ではトランス脂肪酸摂取は全エネルギー摂取の0.3%と推計されていますが、

中には1%を超える過剰グループも存在することも確かだとのこと。

ご自身がトランス脂肪酸を食べ過ぎていないのかを確認することが必要ですね。

では実際にどんな食品に含まれているか下の絵をご覧くださいね!

2gって知らないうちに食べてますねgangan

 

トランス脂肪酸

                                ヘルシーパス様資料より

 

参考文献:編者 伊藤浩 「そうだったんだ!脂肪酸」

今日のお話は管理栄養士 江口まどかでした。

 

 

 

 

投稿者: 小早川医院

2017.10.06更新

みなさん、こんにちはni

管理栄養士の森山ですflower2
秋の彼岸も過ぎ…昼中はまだまだ汗ばむこともありますが
朝晩はだいぶ涼しくなってきましたねheart3
みなさん風邪などひかれていませんか?
体調を崩しやすい季節なので、どうかご自愛くださいませglitter


さて…
サンマの季節到来ですねmeal
みなさん、旬のサンマを食べましょうgya

 

サンマ、DHA、EPA
…と、いうのも
サンマをはじめとした青魚には私たちの体にとって良い油が含まれています。
有名なものとして
DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)があります
ご存知の方も多いのではないでしょうか?
サプリメントにもなっていたりしますよねnyan

特にその中でも、EPAには脳梗塞や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)などの血管が詰まる病気を予防してくれる働きあるため
昔から魚を多くたべる食生活を持つ日本人は、諸外国の人たちの人たちに比べこれらの病気になるリスクが低いと言われていましたが…
近年、食の欧米化に伴いこれらの病気に罹る方が増えてきている傾向にあるようです。
食の欧米化についてはメリットになる部分も多くありますが
デメリットとして、お肉や乳製品を食べる機会が増え、魚を食べる機会が減りすぎてしまったことがあるように思いますnnn
栄養指導をしていても、お魚を積極的に召しあがっている方って、あまりいらっしゃらないように感じます…

ちなみに、血管が詰まる病気になりやすいリスクの1つとして悪玉(LDL)コレステロールの高値があげられますが
先日、栄養指導に来られた患者様で揚物中心から焼き魚中心の食生活へ変えられたところ

やや高めだったLDLコレステロールの値が、お薬も飲まれずに、4ヶ月間で正常値に戻った方がいらっしゃいましたglitter3
その方は焼き魚の中でも特に鯖ばかり食べられていたそうですよnyanmeal
極端に偏った食生活はあまりオススメしませんが…
食生活の改善は検査値の改善に繋がるのは間違いないので
最近、お魚食べてないなぁ…揚物やお肉料理が多いなぁ…

と、思われる方は是非、お魚、とくに青魚を食卓の仲間にとり入れてみてくださいねheart
一年中お手ごろ価格の鯖、鰯、鯵はもちろん…
今が旬のサンマや戻り鰹をはじめ、冬に向けて脂が乗ってくる鰤も青魚ですglitter
調理法はお刺し身でも焼き魚でも煮魚でもお好きなものでOKですが
青魚に含まれる良い脂は酸化しやすいので、なるべく新鮮な物をお買い求めくださいねihi

 

小早川医院 管理栄養士

森山真衣flower2

投稿者: 小早川医院

2017.10.06更新

みなさん、こんにちはni

管理栄養士の森山ですflower2
秋の彼岸も過ぎ…昼中はまだまだ汗ばむこともありますが
朝晩はだいぶ涼しくなってきましたねheart3
みなさん風邪などひかれていませんか?
体調を崩しやすい季節なので、どうかご自愛くださいませglitter


さて…
サンマの季節到来ですねmeal
みなさん、旬のサンマを食べましょうgya

 

サンマ、DHA、EPA
…と、いうのも
サンマをはじめとした青魚には私たちの体にとって良い油が含まれています。
有名なものとして
DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)があります
ご存知の方も多いのではないでしょうか?
サプリメントにもなっていたりしますよねnyan

特にその中でも、EPAには脳梗塞や虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞など)などの血管が詰まる病気を予防してくれる働きあるため
昔から魚を多くたべる食生活を持つ日本人は、諸外国の人たちの人たちに比べこれらの病気になるリスクが低いと言われていましたが…
近年、食の欧米化に伴いこれらの病気に罹る方が増えてきている傾向にあるようです。
食の欧米化についてはメリットになる部分も多くありますが
デメリットとして、お肉や乳製品を食べる機会が増え、魚を食べる機会が減りすぎてしまったことがあるように思いますnnn
栄養指導をしていても、お魚を積極的に召しあがっている方って、あまりいらっしゃらないように感じます…

ちなみに、血管が詰まる病気になりやすいリスクの1つとして悪玉(LDL)コレステロールの高値があげられますが
先日、栄養指導に来られた患者様で揚物中心から焼き魚中心の食生活へ変えられたところ

やや高めだったLDLコレステロールの値が、お薬も飲まれずに、4ヶ月間で正常値に戻った方がいらっしゃいましたglitter3
その方は焼き魚の中でも特に鯖ばかり食べられていたそうですよnyanmeal
極端に偏った食生活はあまりオススメしませんが…
食生活の改善は検査値の改善に繋がるのは間違いないので
最近、お魚食べてないなぁ…揚物やお肉料理が多いなぁ…

と、思われる方は是非、お魚、とくに青魚を食卓の仲間にとり入れてみてくださいねheart
一年中お手ごろ価格の鯖、鰯、鯵はもちろん…
今が旬のサンマや戻り鰹をはじめ、冬に向けて脂が乗ってくる鰤も青魚ですglitter
調理法はお刺し身でも焼き魚でも煮魚でもお好きなものでOKですが
青魚に含まれる良い脂は酸化しやすいので、なるべく新鮮な物をお買い求めくださいねihi

 

小早川医院 管理栄養士

森山真衣flower2

投稿者: 小早川医院

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ