マイヤーズカクテル点滴療法

マイヤーズカクテル点滴療法とは

1950年代に米国の医師ジョン・マイヤーズが考案した点滴療法です。人間に必須の栄養素であるビタミンやミネラルを直接血管内に点滴し、血液中の濃度を急速に上昇させることで、単に栄養補給の効果だけでなく疾病に対する治療効果を期待するものです。現在では、マイヤーズカクテルは統合医療や自然療法の標準的な治療法の一つとなっています。

次のような疾患・症状に効果が期待できます!

気管支喘息
片頭痛発作
全身倦怠・疲労
慢性疲労症候群
線維筋痛症*
こむら返り
急性上気道炎
慢性副鼻腔炎
アレルギー性鼻炎
心不全
狭心症
慢性蕁麻疹
甲状腺機能亢進症
生理不順
耳鳴り
子宮頸がんワクチン後遺症

*アメリカ国立補完代替療法センターの臨床研究で、マイヤーズカクテルはプラセボと比較して、線維筋痛症の痛み、QOL(生活の質)、うつ症状を有意に改善しました。

マイヤーズカクテル点滴療法について

点滴時間は30分程度、頻度は当初週1~2回, 症状が軽快したら徐々に間隔をあけていきます。

費用: 6940円(自費治療, 税別)

 

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ