禁煙治療

禁煙治療のお勧め

喫煙している男性は喫煙していない男性に比べて、肺癌で4.5倍、虚血性心疾患(心筋梗塞等)で1.7倍、慢性閉塞性肺疾患(COPD)で12.7倍、死亡する危険性が高くなることが分かっています。また、女性でも肺がんで2.3倍、乳がんで1.3倍、子宮頸がんで1.6倍、脳卒中で1.7倍、死亡する危険性が高くなることが明らかになっています。
たばこのニコチンは、皮膚の血流を低下させ、ビタミンCを破壊するため、喫煙により肌の老化が5年以上早まるといわれています。また、受動喫煙(間接的にタバコの煙を吸ってしまうこと)によっても、肺がん、心疾患、子宮頸がん、子供の肺炎や気管支喘息、乳幼児の突然死症候群、低体重出生、周産期死亡などの危険性が高まることがわかってきています。

これらの事実をふまえ、当院では禁煙治療に力を入れています。特に、高血圧、糖尿病、脂質異常症、狭心症、閉塞性動脈硬化症など動脈硬化に関連した疾患に罹患されている方に関しては、禁煙は必須条件と考えています。
従来は禁煙補助薬としてニコチンパッチやニコチンガムを用いていましたが、これらを用いてもニコチンの血中濃度が高くなることには変わりはないので、喫煙本数を減らせてもニコチンパッチやガムをなかなかやめられず、結局は再喫煙してしまうという事例が多かったことも事実です。一方、最後に発売されたバレニクリン(チャンピックス)は、ニコチンは含まず、ニコチンに拮抗する作用と弱いニコチン作用を持つため、喫煙した時の満足感を抑えるとともに禁煙時の離脱症状も押さえるこことができます。
ニコチンパッチでうまくいかなかった方でも禁煙に成功する確率が高く、非常に有用な薬剤であると考えています。

当院では、こうした薬物療法に心理療法的アプローチを併用して、治療終了時にはご本人が「タバコを吸うのはばかげている」と自然に認識できるような治療を心がけています。
ニコチン依存症と診断された方には健康保険が適用されます。3ヶ月間で5回通院していただき、治療費は以下のようになります。

  自己負担
3割負担 1割負担
ニコチンパッチ(貼り薬) 12,000円 4,000円
チャンピックス(飲み薬) 18,400円 6,130円

※表示価格は税抜きです。

1日20本喫煙される方なら、タバコ代だけで3カ月で3~4万円かかるので、この額は決して高くないと思いますがいかがでしょうか?

保険治療の対象

次の4つの項目全てに当てはまる方健康保険が適用されます。

  • 直ちに禁煙しようと考えていること
  • ニコチン依存症テスト(TDS)が5点以上である
    (テストの内容については下記をご覧ください)
  • ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上である
    (例:1日20本を10年間吸い続けている方、20×10=200)
  • 禁煙治療を受けることを文書により同意していること

※上記の対象とならない方でも、自費で禁煙治療を受けることが出来ます。

治療の流れ

禁煙治療は、まず初回診察と2週間後、4週間後、8週間後、12週間後のタイミングで合計4回の再診を行っていきます(治療方法によっては6週間後、10週間後にも再診が必要なケースがあります)。

初回診察

  1. 喫煙状況、TDSによるニコチン依存度の確認
  2. 呼気一酸化炭素濃度の測定
  3. 禁煙にあたっての問題点の把握とアドバイス
  4. 禁煙開始日の決定
  5. 禁煙治療薬の選択と説明

再診(初回診察から2、4、8、12週間後)

  1. 喫煙(禁煙)状況や離脱症状に関する問診
  2. 喫煙状況とニコチン摂取量の客観的なモニタリングと結果説明 (呼気一酸化炭素濃度測定など)
  3. 禁煙継続にあたっての問題点の把握とアドバイス
  4. 禁煙治療薬の処方

禁煙に成功された方でも、一般的に約2年間はタバコを吸いたいという気持ちが消えないと言われています。万が一、たばこを吸ってしまった方は再度診察を受けられる事をおすすめします。
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の疑いがある方は、禁煙に成功された後でも定期的に肺の検診を受診するようにしましょう。

注意

禁煙の途中で治療を中断してしまった方は、その後1年間は保険で禁煙治療を受けることができません。
また、一度禁煙治療を完了した後、再喫煙してしまった場合は、禁煙治療のための最後の受診日から1年間は保険で禁煙治療を受けることはできません。

ニコチン依存症テスト「TDS」

設問内容はいいいえ
1点 0点
問1.自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。    
問2.禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。    
問3.禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。    
問4.禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)    
問5.問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。    
問6.重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。    
問7.タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
問8.タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。    
問9.自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。    
問10.タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。    

合計5点以上の方は、ニコチン依存症の可能性が高いと考えられます。

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ