痛風

痛風とは

 痛風は、血液の中の尿酸が多くなり(高尿酸血症)、これにより尿酸の結晶が関節に溜まってしまい関節炎を引き起こす病気です。尿酸が溜まった関節は赤く腫れあがり、それとともに激しい痛みがあらわれます。
 高尿酸血症の状態が続くと腎臓に障害が生じる可能性があります(痛風腎)。30代から40代の男性に生じやすい病気です。痛風腎が進行すると腎不全となり血液透析が必要になる場合もあります。
また高尿酸血症は動脈硬化を促進する因子でもあります。
 痛風/高尿酸血症は生活習慣や食事習慣が原因で引き起こされる病気であり、症状を改善させるためには薬を用いた治療だけでなく、食生活も見直すことが重要になります。

痛風の症状

足首や膝、足の指などに発赤、発熱を伴う腫れと強い痛みが突然あらわれます。
まれに手の関節にも症状があらわれる場合もあります。症状はしばらくするとおさまりますが、高尿酸血症を放置すると再発を繰り返します。徐々に症状が出る間隔が短くなっていきます。

痛風セルフチェック

痛風かもしれないと思う方は以下をチェックしてみてください。

症状(関節の腫れや痛み等)が出てから1日以内にピークに達する
前にも同じような症状があった
1つの関節だけに症状がある
関節の部位が赤くなる
関節が腫れている
足の親指の付け根の関節に激痛や腫れがある
片足の親指の付け根の関節に炎症がある
血液検査で尿酸値が高い

当てはまるものがある方は早期に医師の診察を受け、治療をうけることをおすすめします。

また、以下のチェックリストで当てはまるものが多い方は尿酸値が高い傾向にあり、痛風予備軍の可能性があります。

食べるのが早い
肉や魚、内臓料理を食べることが多い
お茶や水はあまり飲まない
アルコール(特にビール)を頻繁に飲む
肥満気味である
食べすぎてしまうことが多い
激しい運動をよくする
仕事を頑張りすぎる傾向にある
親や兄弟に痛風患者がいる
脂質異常症(高脂血症)や糖尿病、高血圧やである 

3つ以上当てはまる方は痛風予備軍です。医師の診察を受け尿酸値を調べることをおすすめします。尿酸値が高い状態が続くと痛風の発作が出てきます。
高尿酸血症・痛風は早めの受診、生活習慣の改善を行うことが大切です。

痛風の治療

 痛風/高尿酸血症は薬物療法と生活習慣の改善により治療していきます。

 薬物療法では関節炎から引き起こされる痛みを改善させることと、その要因である高尿酸血症の改善を行います。尿酸値を改善させるお薬として、尿酸産生抑制薬と尿酸排泄促進薬があります。

 また、尿酸値を下げるためには食事療法も有効です。当院では、管理栄養士が栄養指導を実施していますのでお気軽にご相談ください。

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ