高濃度ビタミンC点滴療法

高濃度ビタミンC点滴療法とは

ビタミンCは古くから強力な抗酸化作用を持つことが知られており、疾病予防・アンチエイジングの目的で使用されてきました。一方で、高濃度ではビタミンCは抗がん作用を発揮することがわかってきました。
ノーベル賞学者のライナス・ポーリング博士が1970年代に「ビタミンCの投与によって末期進行がんの患者さんの生存期間が4.2倍~6倍延長した」という研究結果を発表し、ビタミンC投与はがんの新しい治療法として注目されるようになりました。しかし、無効であるとする意見も根強く、一般的な治療として普及するまでには至りませんでした。
2005年にアメリカ国立がん研究所, アメリカ国立衛生研究所というアメリカを代表する研究機関と、アメリカ食品医薬品局が共同で「高濃度のビタミンCが選択的にがん細胞を殺す」という歴史的な論文を発表しました。

高濃度のビタミンCは過酸化水素(消毒薬として使われるオキシドールの主成分)を発生させます。正常の細胞はこの過酸化水素を中和する酵素(カタラーゼ)を持っているため、ダメージを受けません。しかし、がん細胞はこの酵素を十分に持っていないので、過酸化水素で破壊されてしまいます。このようなビタミンCの抗がん作用のメカニズムが明らかにされたことにより、高濃度ビタミンC点滴療法は副作用の少ない有望ながん治療法として注目されるようになり、欧米の主要な大学で臨床研究が進められています。アメリカではこれを機に高濃度ビタミンC点滴療法を受ける患者さんが飛躍的に増えています。
ビタミンCは高濃度で抗がん作用を発揮すると同時に抗酸化剤としても活躍するのです。
すなわち、免疫力を増強して自然治癒力を高め、抗がん剤の酸化作用で惹き起こされる細胞の突然変異を防止します。
このように高濃度ビタミンC療法は抗がん作用を発揮して化学療法の効果を増強すると同時に、化学療法の副作用を緩和するという理想的な特性を持っています。生活の質(QOL)を落とさないがん治療の実現のためには必須の治療法と言えます。
一方、がんに罹患していない方には、強力な抗酸化剤として働き、グルタチオン点滴療法と同様にアンチエイジング、美容、健康の維持・増進、疲労回復などに効果を発揮します。

高濃度ビタミンC点滴療法を次のような方にお勧めします!

①がん治療のための高濃度ビタミンC点滴療法(ビタミンC 50~75g を点滴)

がんの有効な治療法がない
抗がん剤、放射線療法が無効
現在使用中の抗がん剤に併用することで、いっそうの改善を期待したい
副作用で抗がん剤が続けられない
がんの手術までの待機期間の治療として

② その他の目的のための高濃度ビタミンC点滴療法(ビタミンC 12.5~25g を点滴)

老化・がんの予防
慢性疲労・倦怠感
アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎
健康増進
シミや肝斑の改善、しわやたるみの改善
肌の保湿力を高める:乾燥肌
皮脂の過剰分泌抑制:ニキビケア
疫機能強化:風邪予防や疲労回復

高濃度ビタミンC点滴療法ができないケース

・G6PD欠損症*
・心不全
・高度の腎不全・透析
*G6PDという酵素が遺伝的に欠損している方は高濃度ビタミンC点滴療法で溶血発作(赤血球が破壊される)を生ずる可能性があるので、25g以上のビタミンCを点滴する場合には事前に血液中のG6PDの活性を測定して、欠損がないことを確認する必要があります。

高濃度ビタミンC点滴療法の実際

開始手順

1) G6PD活性の検査後に初回の点滴を実施する。
2) 12.5g, 25g, 50g, 62.5g, 75gと必要量まで次第に増量。
3) がん治療の場合は50gに達したところで血中ビタミンC濃度を測定し、治療域に達しているかを確認する。

1回の点滴にかかる時間は?


ビタミンC 12.5g・・・30分
25g・・・・50分
50g・・・・50~100分
      62.5g・・・75~130分
      75g・・・・90~150分
*長時間の点滴となるため、座り心地の良い電動リクライニング式の点滴用ソファをご用意しています。(写真の説明)

点滴の頻度は?


がん治療の場合:
1) 最初の6か月間は週2~3回
2) 効果があればその後6か月間は週1回
3) 開始2年目は月2回
4) 開始3年目以降は月1回で継続する
これらはあくまで原則であり、実際には個々の患者様の病状、経済状況を考慮して、ご相談のうえ決定します。

がん治療以外の目的の場合:
週1回, 月2回, 月1回など体調や病状に応じてご相談の上決定します。

費用は?

基本費用
初診料      2000円
G6PD活性検査  10000円
血中ビタミンC濃度測定 5000円
(すべて自費医療, 税別)

点滴費用
ビタミンC 12.5g 10000円
25 g 15000円
50 g 20000円
75 g 25000円
(すべて自費医療, 税別)

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ