院長ブログ

2013.01.11更新

インフルエンザの予防にビタミンDが有効であることを、東京慈恵会医大の研究チームが2010年3月に報告しています。

実験は、インフルエンザの流行期に、6歳から15歳の子供334人を対象に行われ、半数にビタミンD 30μg 入りカプセルを、残り半数にビタミンDが入っていないカプセルを毎日与えました。
ビタミンD入りグループのインフルエンザ発症率は10.8%で、ビタミンDなしのグループの18.6%の約半分におさまったということです。

冬は紫外線を浴びる量が減り、体内のビタミンDの量が減りますが、これが冬にインフルエンザが流行しやすいことの一因とも考えられています。

投稿者: 小早川医院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ