院長ブログ

2013.01.12更新

1月10日、11日のブログでわかっていただいたと思いますが、インフルエンザや風邪を予防するための栄養面での対策は、バランスの良い食事で栄養素をしっかり摂ることに加えて、ビタミンCやビタミンDの多い食べ物を摂ることです。

手軽に食べられる果物であるミカンなどの柑橘類には、ビタミンCとビタミンCの効果を高めるヘスペリジン(ビタミンP)のほか、βカロチンも豊富に含まれています。

ビタミンDは、干しシイタケ、魚介類に多く含まれています。

また、サプリメントという形でこれらのビタミンを摂取することも有効です。ビタミンC,Dともにそれほど高価なサプリメントではないので、これからのシーズンにはお勧めです。
興味のある方はぜひご相談ください。

投稿者: 小早川医院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ