院長ブログ

2013.11.26更新

アトピー性皮膚炎、花粉症、フードアレルギーなどのアレルギー疾患を持っている人が年々増加しています。
アレルギー疾患とは、本来体に無害なものに対してまで免疫が過剰に反応してしまうことによっておこります。
プラセンタがアレルギー疾患に対して有効なのは、体の中の免疫システムを調整し正常化して、アレルギー性の炎症を引き起こす物質の産生を抑えてコントロールするわけです。

プラセンタの「抗アレルギー作用」「抗炎症作用」「免疫賦活作用」といった薬理作用が役に立っているわけです。

通常の抗アレルギー薬だけでは症状がコントロールできない方は、ぜひプラセンタを試してみてください。

投稿者: 小早川医院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ