院長ブログ

2013.11.30更新

「先生、2週間前から風邪をひいて咳が止まらないんです」、「10日前からのどが痛くて、なかなか治りません」など、風邪症状が長引いて当院を受診される方が増えています。

このような症状を訴える方の多くは花粉症ないしはアレルギー性鼻炎を持っています。風邪にかかったのをきっかけとしてアレルギー性鼻炎がおこり、両者が合併した状態になります。こうなると副鼻腔にまで炎症が広がり、その分泌物がのどに垂れてくる(後鼻漏)ので、その刺激で咳が出たり、のどの痛みや不快感を感じることになります。

このような状態では普通の感冒薬を飲み続けても効果がないわけです。細菌やウィルスの感染とアレルギーによる炎症が合併しているわけですから、アレルギーの薬と抗生物質を同時に服用する必要があります。

風邪が長引いていると感じている方は、そのままにせず、ぜひご相談ください。

投稿者: 小早川医院


SEARCH



CATEGORY

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ