かぜ症状が出た時は?

① 症状が軽いときは自宅療養してください
普通のかぜも新型コロナウイルス感染症も、症状が出てからの最初の数日間は区別がつきません。症状が出てすぐに受診しても、新型コロナウイルス感染症と診断することも、違うと診断することも困難です。仮に早く診断できたとしても、肺炎になったり重くなるのを防ぐ治療薬などもありません。また、新型コロナウイルス感染症の大半はかぜのような軽い症状のまま自然に治ってしまいます。一方で、症状がある時に外出したり受診すると、外出先や待合室で感染を広めるおそれがあります。
 そのため、かぜのような症状が出ても、最初の数日間は受診せず、仕事や学校を休んで外出を避け、自宅療養してください。自宅療養の期間が、一般の方は4日間、ご高齢の方、持病がある方、妊娠中の女性は2日間です。
 自宅療養中は1日2回(朝・夕)体温を測り、手帳やノートに体温と測った時間を記録してください。
 自宅療養に不安があるときは、かかりつけ医療機関に定期的に電話するなどして経過を伝え、担当医のアドバイスを仰ぐといいでしょう。


② 症状が4日以上(高齢者、持病、妊娠では2日以上)続いたら「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)」へ電話相談してください
 自宅療養を行なうと、新型コロナウイルス感染症ではないその他のかぜであれば、通常は3-4日間で自然に治ってきます。もし4日以上かぜの症状(発熱、咳、のどの痛みなど)が続いた場合は、又は4日未満でも呼吸が苦しくなるなど悪化する傾向があれば、新型コロナウイルス感染症を疑う必要があります。
 さらに、ご高齢の方、持病がある方、妊娠中の女性は新型コロナウイルス感染症が悪化しやすくなります。それらの方々は、かぜの症状が2日以上続いた時点で新型コロナウイルス感染症に注意する必要があります。
 一般の方は4日以上、高齢者、持病のある方、妊娠中の女性は2日以上、かぜ症状が続いた場合に、「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)」に電話で相談してください。
 待合室で他の患者さんにうつさないようにするため、連絡なしで直接医療機関を受診することは避けてください。


③ 受診の方法
 「帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)」に電話相談すると、担当者から症状の経過や持病の有無などを質問されます。その上で担当者が、受診が必要かどうか判断し、受診する専門病院をかかりつけ医療機関のどちらがふさわしいかを判断します。担当者の判断と指示にしたがって行動してください。
 受診する場合は、たとえ咳やくしゃみがでなくても必ずマスクをつけてください。また、担当者から指示された医療機関以外には決して受診しないでください。

自宅療養中の家族内感染を防ぐポイント

・かぜ症状の患者はできる限り家族との接触を避け、療養する部屋も分ける。

・看病が必要な場合は、看病する人を限定する(1人が望ましい)。ただし、高齢者、基礎疾患を有する患者または妊娠中の女性には看病させない。

・患者と家族はタオルを共有せず、別のものを使う。

・患者の入浴は最後にする。

・療養する部屋から出るときはマスクをつけ、部屋を出る直前にアルコールで手指消毒をする。

・患者が触った箇所(ドアノブや手すりなど)をアルコールを浸した紙で拭き取り消毒し、拭き取った紙は再利用せずにすぐにゴミ箱に捨てる。

・定期的に部屋の窓を開けて換気する。(目安:1-2時間に一度、5-10分間程度)

・患者が使った衣類やシーツを洗濯する際は、手袋とマスクをつけて洗濯物を扱い、選択後は十分に乾燥させる。

・患者が出すゴミはビニール袋等に入れ、しっかりと口を縛って密閉してから部屋の外に出す。ゴミを扱った直後はしっかり手洗いする。

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • インスタグラム
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ