耳鳴・めまいの治療

プラセンタによる耳鳴・めまいの治療

人口の10~20%の人が耳鳴りを感じていると言われています。特に65歳以上の人では30%近くの人が耳鳴りの経験を持っているとの報告もあります。
耳鳴りのある人全員が悩み、苦しんでいるわけではありませんが、人口の約5%の人が持続的な耳鳴りに苦痛を感じていると言われています。しかし、通常の薬物治療ではなかなか改善しないことが多く、中には耳鳴りのストレスでうつ状態になる人もいます。

めまいは回転性めまい(天井がグルグル回るようなめまい)と浮遊感(頭がフワフワする感じ)とに大別されますが、加齢とともに後者の浮遊感を訴える人が多くなってきます。気圧の低下によって悪化することも多く、季節の変わり目に浮遊感を訴える人が増えてきます。通常のめまいのお薬はあまり効果がありません。

プラセンタ療法は、従来の西洋医学的治療ではなかなか改善しない耳鳴・めまい(浮遊感)に有効です。プラセンタ2~4A,週1回程度の注射で、1~3カ月程度で効果が見られる場合が多いようです。
通常の皮下注射で効果が不十分な場合には、ツボ注射を行います。ツボ注射とは、鍼灸治療で使用する経穴(=いわゆる「ツボ」)にプラセンタを注入するものです。

耳鳴・めまいでお悩みの方は、遠慮なくご相談ください。

  • 院長ブログ
  • スタッフブログ
  • 小早川医院 Facebook
  • 052-752-0800
  • メールでのお問い合わせ